全身脱毛の基礎知識

生理中は脱毛できる?サロン・クリニックの対応を調べた結果

投稿日:

「生理中は脱毛できるの?できない?」
「生理中の脱毛ってどうしたらいいのかな」

生理中でもムダ毛は気になるものです。

このページでは、生理中に脱毛はできるのか?どの部位ならできるのか?サロンやクリニックはどんな対応をするのか?どうしても脱毛したい時はどうすればいいのか?について詳しく説明します。

生理中はVIOの脱毛ができないサロンやクリニックがほとんど

生理中にVIOの施術ができない理由は、ベッドやタオル、脱毛器具などに経血が付いてしまう可能性があり、衛生的に良くないからです。

また、Iラインに関しては、粘膜が多いデリケートな部位なので、肌トラブルが起きやすく、感染症のリスクも高まります。

生理前や生理の終わりかけでもVIOの脱毛はできない

生理中はホルモンバランスが乱れやすく、肌が敏感になりますが、実は生理前でも同じことが起こります。
そのため生理中と同様に、痛みや赤みといった肌トラブルのリスクがあるのです。

一方、生理の終わりかけはホルモンバランスが安定してくるものの、まだ生理が完全には終わっていない状態。
VIO脱毛は紙ショーツに着替えて施術を受けるため、終わりかけとはいえ衛生面から施術してもらえないことが多いです。

急に生理になったらキャンセルはできるのか?

施術のキャンセル自体はできるものの、脱毛サロンの場合は1回分の施術が消化扱いになってしまったり、キャンセル料が発生したり、といったペナルティを設けているケースがほとんどです。
プランの種類や、既に消化済みの施術回数によって、サロン側で設定しているペナルティの内容が異なることも。

一方クリニックの場合は、全くペナルティを設けていないところも存在します。

■当日キャンセルのペナルティ<サロン>

サロン名 当日キャンセルの
ペナルティ
ストラッシュ 1回分消化
恋肌(こいはだ)
キレイモ
ミュゼ
ディオーネ
銀座カラー 【脱毛し放題コース】
9回目以降は
キャンセル料
2,000円
脱毛ラボ 1回分消化
シースリー 【回数パック】
1回分消化

【通い放題コース】
キャンセル料
3,000円

■当日キャンセルのペナルティ<クリニック>

クリニック名 当日キャンセルの
ペナルティ
フレイアクリニック 1回目
ペナルティなし

2回目から
コース
1回分を消化

アリシアクリニック ペナルティなし
レジーナクリニック コース1回分消化
リゼクリニック
湘南美容クリニック キャンセル料
3,000円
HMRクリニック コース1回分消化

生理周期を管理して施術日を前もって変更するのが◎

施術日と生理日が重なりそうな場合は、早めに予約変更しておくと、当日キャンセルのペナルティを避けられます。
そのため、普段から自分の生理周期を把握しておくことが大切です。

たとえば、手帳やカレンダーに生理期間を書き込む、日付にマーカーで色を塗っておく、といった方法は手軽なので続けやすいでしょう。

また、スマホでできる女性向けの体調管理アプリ(ルナルナ体温ノート・生理ラルーンなど)を活用して、生理周期を管理しておくという方法もおすすめです。

VIO以外なら生理中でも脱毛してくれるサロンやクリニックもある

「生理中は他の部位の脱毛もできないのかな?」と思う人もいるかもしれません。
しかし実際は、顔や腕、背中といったVIO以外の部位であれば、普段と変わらず施術を受けられる脱毛サロンやクリニックは多くあります。

■生理中の脱毛範囲<サロン>

サロン名 生理中に
脱毛可能な
範囲
ストラッシュ VIO以外の施術が可能
恋肌(こいはだ)
キレイモ
ミュゼ
ディオーネ
銀座カラー
脱毛ラボ
シースリー VIO含む
全部位の
施術不可

■生理中の脱毛範囲<クリニック>

クリニック名 生理中に
脱毛可能な
範囲
フレイアクリニック VIO以外の
施術が可能
アリシアクリニック
レジーナクリニック
リゼクリニック
湘南美容クリニック 全部位の
施術が可能
※タンポンを
付ければ
VIOも可
HMRクリニック -調査中-

脱毛できるとしても生理中は避けた方がいい3つの理由

【理由1】
生理中は脱毛効果がでにくい

生理中はホルモンバランスが崩れて毛周期に乱れが生じたり、毛が濃くなって増えたりして、脱毛効果が表れにくい場合が多いです。
脱毛サロンの光脱毛やクリニックのレーザー脱毛は、【成長期】の毛にのみ効果を発揮し、【退行期】や【休止期】といった、成長期以外の毛に照射してもほとんど効果はありません。

【理由2】
生理中は脱毛すると肌荒れしやすい

ホルモンバランスが崩れる生理中は、肌のバリア機能も低下するため、少しの刺激にも敏感に反応して肌荒れしやすくなります。
「今までの施術では赤みや炎症はほとんど出なかったのに、生理中の施術では肌が火傷のような状態になってしまった」という人も少なくありません。
肌質や毛質、肌荒れの度合いなどには個人差があるものの、基本的に生理中の脱毛は肌に大きな負担をかけてしまうので、避けるようにしてください。

【理由3】
生理中は脱毛の痛みを強く感じやすい

生理中はホルモンバランスの乱れによって、肌のバリア機能が低下するため、通常よりも刺激に敏感になり、痛みも感じやすくなります。
「いつもより痛くて驚いた」と言う人もいるほど、痛みの出方が顕著なケースも。
脱毛機の照射パワーを弱めることで痛みを抑えた施術は可能ですが、弱めた分だけ脱毛効果も下がってしまいます。
そのため、通常の肌状態で施術を受けた方が脱毛効率は良いでしょう。

どうしても生理中に脱毛をしたいならクリニックの方が良い

生理中はクリニックの脱毛がおすすめな理由を3つ紹介します。

生理中でも脱毛効果がでやすい

クリニックのレーザー脱毛の方が、サロンの光脱毛よりも照射パワーが強く、効果が出やすいからです。
どちらも毛根にダメージを与える仕組みですが、毛根そのものを破壊できるのはクリニックだけなので、より高い脱毛効果を見込めます。

医師が常駐しているから安心して任せられる

刺激に敏感な生理中の肌は、肌荒れしやすい状態になっているので、施術によって火傷や炎症などが起こりやすいです。
肌トラブルが生じた場合、脱毛サロンでは提携している医療機関を訪れる必要があるため、対処まで時間がかかることも。
一方、医師が常駐しているクリニックなら、すぐに診察や薬の処方をしてもらえるので安心です。

麻酔を使ってもらえるから痛くない

生理中の肌は敏感になっていて、少しの刺激で痛みを感じてしまう場合が多いですが、クリニックなら『麻酔クリーム』や『笑気麻酔』などの使用が可能なので、痛みがほとんどない施術を受けられます。
ただし麻酔は医療行為のため、医療機関ではない脱毛サロンでは使うことができない点に注意しておいてください。

生理中の脱毛-クリニックとエステサロンを比較-

  クリニック エステサロン
生理中の
脱毛効果
強いレーザー
だから
普段のように
効果が出る
弱い光だから
普段よりも
効果が出ない
肌荒れ
対応
医師常駐
的確かつ
迅速な対応
提携クリニックに
任せる
対応まで
時間かかる
施術時の
痛み
麻酔が使える
から
全く痛くない
麻酔は
使えない
生理中は
痛い

生理中は通常とは違う肌状態になっているので、施術による痛みや肌トラブルといった影響が、予想外の大きさで表れることもあります。

上記の比較表を見てもわかる通り、痛みや炎症などを迅速に対処できることから、生理中の脱毛はクリニックがおすすめです。

-全身脱毛の基礎知識

Copyright© 全身脱毛の人気ランキングと口コミまとめサイト【オールエピ】 , 2019 All Rights Reserved.